5月 15th, 2017
YHD-101

YHD-101

造形中

造形中

完了

完了

去年暮れに購入してちょっと環境を組んで試し出力したきり、放置してしまった光造形機のためし出力をしています。

パーソナル光造形というとFormlabs FormとかXYZ Printing Novelといったレーザースキャン式(SLA式)が製品として有名ですが
うちで導入したのは中国製の科藍蒂(Kelandi)KLD-LCD1260あるいはYHD101やSY101などと呼ばれている装置で、ピクセル間隔0.05mm(あるいは500ppi)程度の表示分解能の高い液晶表示器をフォトマスクとして光硬化樹脂に紫色光を照射して一皮ずつ固めていく仕掛けです。価格は2016年12月購入時点で本体と専用光硬化樹脂1kgをあわせて10万円程度でした。
液晶表示器はHDMI接続があり、機械はUSB接続のCNCコントローラーで制御されるようになっているので、当初は日ごろ使っているパソコンに装置を接続して第2ディスプレイとシリアルポートとして認識させ、Photonic3Dというソフトで制御していました。
P…3Dの主要部分がJAVAで動く関係か表示周りに問題があったので、Raspberry Pi3に制御ソフトNanoDLPを入れたものを用意して独立して動くように改めています。
もう一万円ほど出して独立版買っておけばよかったような気がしました。

5月 15th, 2017
明石クレーン

明石クレーン

仮完成

仮完成

崩壊

崩壊

オンラインゲーム「艦隊これくしょん」モチーフの単車を所有されている方*からの依頼で、4月29-30日に開催された「ニコニコ超会議」の企画「超痛車天国」内の「明淀ダブルデート」ブースに模型を展示しました。
2枚目の画像の状態まで作って数年放置していたため、接着の弱いところから壊れていって、3枚目の画像のようになっていたところから修復して塗装してあります。
ついでに1/25でリメイクしたいと思っていたのにも手をつけてしまいました。

*monmonさん(twitter: @dekkai_monmon)

3月 6th, 2017

13000(7800)

13000(7800)


大体機体が出来てきたら大して変化はないので、進んでるようには見えませんが、中間ブームまでは、出来ました。

2月 27th, 2017

7800ヘッド

7800ヘッド


7800のヘッド、ピン穴をまだつけてない、ちょっと調整がいるところがありますが結構形が複雑でした。DSMに2DのDXFをインポートできないので、JWWで開いたDXFから要所要所の寸法を拾って構築する羽目になっちゃいましたが、形状の切り分けの手間を考えてもへたにインポートするより楽だったかもしれません。側面に余計な円盤出てますが位置決めのために置いたものなので、あとで消します。

2月 25th, 2017

13000(7800)

13000(7800)


ちょこちょこ修正箇所はありますがだいぶ形になってきました。

2月 21st, 2017

13000

あれ


異例?の速さ、数日後に止まって放置かもしれませんが。
数年前からDesignspark Mechanicalという3D CADを使っています。
電気(弱電?)屋さんの機構部分検討用のモデリングツールって位置づけのようです。
DS Mechanical紹介ページ

2月 20th, 2017

あれ


誰が見てもあれ、もうかなり昔の機種になったあれです。昔ダウンロードした設置計画用の図面データはなくしたのでダウンロードしなおして、昔てふてふさんからいただいたものも含めて写真いくつかとブローシャ掲載の図版とかと突き合わせてやりなおしです。

2月 18th, 2017

???


長い事放置しすぎて跡形もなくなっちゃったのだけど、いずれやるんだから、できるときにちょこっとだけって感じですか
再開なのかなんなのか、始めておきます

2月 6th, 2017

KCDC2020

KCDC-2020


去年の秋に3Dプリントで作成したKCDC2020のモデルなですが、3Dプリンターにかけるためにモデルを分割しているときにいくつか修正したので、切りきざまれたものが一番完成度高くなってしまったみたいです。元に戻すのはちょっと面倒です。

2月 6th, 2017

IHI風

JC-????


IUKの最新型っぽいのをひとつ、最新型といっても15年位前の設計でしょうか。造船クレーンは住友に押されちゃった感がします。

1月 4th, 2017

クレーン船

1/3000クレーン船


2台目の3Dプリンターとして光造形機を入れたのでテスト、液晶表示器を可変式の遮光板として、光硬化樹脂を一皮ずつ固めていく方式です。
樹脂は依然高いですが、装置は実売7万円程度。だいぶ安くなってきました。下の分厚い板は定盤に樹脂をくっつけるために必要な足がかりで作ったものなので捨てることになります。

12月 3rd, 2016

アンローダー

連続式アンローダー、バケットエレベーター型


連続式アンローダーもそのうちに